虎ノ門形成歯科・インプラント・CTセンター インプラント再建治療センター
〒105-0001 東京都港区虎ノ門5-11-12 虎ノ門ACTビル2F
フリーダイヤル:0120-952-418

  • MENU
  • インプラント歯科医師の品格
  • インプラント大丈夫ですか?
  • 再建の難しさ
  • 骨の造成・再生?
  • インプラント再生の流れ
  • 院長プロフィール
  • 当院の体制
  • 費用について
  • お問い合わせ

遠方からの皆様へ 

ISO9001取得歯科医院

BIOTEM
BIOTEM IMPLANT JAPAN 教育施設

骨の造成・再生?

GBR(骨誘導再生)

GBR(骨誘導再生)法とは、骨の幅や高さがない時に欠損した骨組織を再生させる治療法です。
歯槽膿漏や虫歯で歯を失うと、歯を支えるという役目を終えた歯の周囲骨は萎縮していきます。
インプラント手術を行うにあたり、インプラントを植立するための骨幅や骨の高さがない場合、そのままの状態でインプラントを行うと成功率は非常に低くなります。適切な状態で植立してこそインプラントの長期安定が望めます。

GBR(骨誘導再生)

サイナスリフト(上顎洞挙上術)

上顎骨の上の部分には、上顎洞と呼ばれる大きな空洞が存在します。この空洞は様々な要因がきっかけとなり、拡大する傾向を持っています。さらに、歯がなくなると歯槽骨も吸収しますので、上顎においては歯槽骨側と上顎洞側から骨吸収が進行することも少なくありません。そこで、膨らんできた上顎洞に移植骨や骨補填材、最近ではインプラント本体の一部を挿入して、上顎洞の底部分を押し上げる技術が開発されました。これがサイナスリフト(上顎洞挙上術)です。

サイナスリフト(上顎洞挙上術)

サイナスインパクション(ソケットリフト)

サイナスリフト(上顎洞挙上術)と同様に、骨の幅や高さがない時に欠損した骨組織を再生させる 治療法です。サイナスリフト(上顎洞挙上術)との大きな違いは、サイナスリフト(上顎洞挙上術)は シュナイダー膜(上顎洞と歯槽骨の間の粘膜)を洞底部から剥離して挙上して歯槽骨を確保します。
ソケットリフト(上顎洞挙上術)は上顎洞のインプラントを埋込む穴の奥に、将来、骨になる物質を入れ、 少しずつシュナイダー膜を押し上げていき、それが完全に骨になるのを待ってインプラントを埋め込む という点が大きく異なります。ソケットリフト(上顎洞挙上術)という治療方法は、 上顎洞粘膜(シュナイダー粘膜)の挙上量3mm 程度と言われており、応用範囲の少ない方法です。
また、ある面盲目的に行う外科手技で、うまくいったかどうか(メンブレンが破れたりしていないか、 骨補填材等が上顎洞内にもれていないか)実際に目で確認することができないので経験と技術の 要する大変難しい治療方法です。

サイナスインパクション(ソケットリフト)

遊離骨移植術(ブロック・ボーン・グラフト)

遊離骨移植は、顎の骨が非常に大きく溶けてしまって、薄い、あるいは低い、貧弱な歯槽骨しかない人に用いられる手法で、骨再生のためのもっとも強力な手段です。
移植する骨はオトガイや下顎の後方、鼻の下、頭頂骨から採取することができます。
移植骨のとがったところを丸く形成して、骨の量が足りないところに持って行き、細いチタン製のネジで固定します。 約四カ月後にネジを取って、インプラントを植立します。骨のないところに骨を作る最も直接的な方法で、 いずれの部位からの採骨、移植であっても、当院では入院の必要はありません。

遊離骨移植術(ブロック・ボーン・グラフト)

このページの先頭へ