虎ノ門形成歯科・インプラント・CTセンター インプラント再建治療センター
〒105-0001 東京都港区虎ノ門5-11-12 虎ノ門ACTビル2F
フリーダイヤル:0120-952-418

  • MENU
  • インプラント歯科医師の品格
  • インプラント大丈夫ですか?
  • 再建の難しさ
  • 骨の造成・再生?
  • インプラント再生の流れ
  • 院長プロフィール
  • 当院の体制
  • 費用について
  • お問い合わせ

遠方からの皆様へ 

ISO9001取得歯科医院

BIOTEM
BIOTEM IMPLANT JAPAN 教育施設

再建の難しさ

骨の再生、造成が難しい

インプラントを埋入するには、ある程度の骨の量が必要となります。
そのため、骨の量が不十分である症例には骨を作る治療が必要となってきます。
骨の吸収が比較的軽度な症例であるなら、インプラント埋入と同時に骨を作ることもできますが、高度に吸収した症例では、インプラントを固定する足場を確保するためにも、インプラント埋入に先立ってしっかりと骨を作ってやる必要があります。
このため、骨がしっかりとできるまでの時間(約半年ぐらい)治療期間が長くなります。

骨以外での問題点

インプラント治療における骨以外の問題点としては、下顎の場合では神経や血管が通る管が下顎の骨の中を通っています。(これを下歯槽管と呼びます。)
つまり、一見すると骨がたくさんあるような症例でもこの下歯槽管との位置関係により、インプラントの埋入が困難なケースがあり、GBR等の処置が必要になるケースがあります。
上顎の場合では、上顎洞という空洞が上顎の骨の中に空いていて、特に奥歯においてはこの上顎洞が下の方まで伸びてきているため、場合によってはサイナスリフトやソケットリフトといった特別な治療が必要なケースがあります。

他医院での処置による問題点

他医院で埋入されたインプラントの中には、歯を建てる上で非常に不利な位置に埋入されていたり、上顎洞という空洞にインプラトが突き抜けているケースもあります。
この様なケースは、まずはインプラントを除去しなければなりません。
そのため、インプラントを除去しそれが治癒するまでの期間が必要になります。
また、インプラントが健全に機能していても、インプラントの周りの歯が歯周病に冒され、それを放置することにより、その歯周病の病巣からインプラントに細菌が進入し、結果とて、インプラントを除去しなければならないケースもあります。

このページの先頭へ